まったくゼロの知識から2か月間必死に勉強して受けた中国語検定HSK2級の合否結果が判明しました。

ちなみにHSKは1級から6級まで6つの級があり、1級が一番やさしく、6級が一番難しくなっています。

1級は日本人にはあまりにも簡単すぎる試験なので、1級を飛ばして、2級から挑戦してみました。

2級はリスニング100点満点、読解が100点満点の合計200点満点で120点以上が合格となります。

リスニング、読解ともに「足切り」はありませんので、例えば、リスニングが20点しか取れていなくても、読解が100点であれば、合格となります。

さて、2か月間、猛勉強して受けた私の結果は・・・・

リスニング 100点満点で81点

読解    100点満点で100点

合計    200点満点で181点

正直、リスニングは半分も取れていないと思っていましたが、なにしろ、すべてマークシート方式ですし、2択問題や3択問題もたくさんありますので、まぐれて当たったのもたくさんあったのだと思います。

読解は、日本人であれば、2か月勉強すれば、だれでも9割以上は取れるやさしさです。100点満点が取れてよかったです。