理性を磨く手段としての外国語学習、学問、資格、勉強の楽しみを語る

志望校の決め方

通信制の大学に入学すると決めたら、志望校を決めよう。

高校を卒業して初めて入学する通学課程とは異なり、通信制の大学では、その大半を独学することに費やすことになるので、単に大学に対するあこがれや期待だけで選ぶより、自分に一番合った大学を選んだほうが賢明である。

さて、志望校を決める際にいくつかポイントがある。

(1)学費および諸経費

大学に支払う金額を把握しておくことは重要だが、忘れてはならないことは、大学に支払う金額以外にも諸々の費用がかかることだ。

例えば、参考書代がかかる。またスクーリングを受けるために泊まりがけで行かなければならないような場合は交通費や宿泊代もバカにならない。

さらに仕事や病気などで予定よりも数年、卒業が長引く場合もある。その辺も十分考慮した上で、実際に学費が払っていけるかどうかを考えよう。

せっかく入学して、がんばって単位を積み重ねても、途中で学費が払えなくなって中退という人もいる。それが必ずしも悪いことだとは言わないが、後で後悔しないよう、あらかじめ学費が払えるか否か十分に検討しておこう。

(2)授業(スクーリング)の出席しやすさ

通信制といっても、授業(スクーリング)も何単位かは必修になっている大学がほとんどである。

であるから、特に社会人は、実際に授業に出席できるか否かを考えておかなければならない。

例えば、慶應大学の場合は、スクーリングが行われるキャンバスは限られているので、地方から受講する人は、わざわざ泊まりがけで授業に出席しなければならないことがある。これは経済的にも時間的にもかなりの負担になる。

その点、日本大学などは、地方でもスクーリングを開催しているので、地方の人の負担は比較的少なくてすむ。

自分が志望する大学でスクーリングに出席することを想定して、それがどの程度負担がかかるのか、実際にその負担を乗り越えられそうかを吟味しておくといいだろう。

(3)卒論があるか否か

卒論が必須な大学もあれば、必須でない大学もある。

書くのが苦でない人、あるいは、書くテーマが見つかっている人にとっては卒論があったほうが張り合いがあっていいだろう。

しかし、逆にいえば、そうでない人にとっては、かなり負担の大きい作業になる。

実際、卒論以外の単位はすべて取得しながら、卒論が一向に進まず中退したという人も少なくない。

卒論があるのかないのか、あるとしたら、本当に自分に書けそうなのか、その辺もある程度吟味しておいたほうがいいだろう。

これは大変重要だ。けっして甘く見ないほうがいい。

PAGETOP
Copyright © 知は力:名言 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.