理性を磨く手段としての外国語学習、学問、資格、勉強の楽しみを語る

勝手にセミナーしろよ

勝手に忘年会しろよ」で書いたAさんですが、そのときの件だけで忘年会を断ったというわけではなく、実は過去にこういうことがあったのです。

Aさんとは短期のセミナーで知り合ったのですが、私が会議通訳をしたことがあるとうことを知ったAさんは私を食事に誘い、会議通訳として働かないかということを提案してきたのです。

ただ、私は会議通訳をしたことがあるといっても、それは翻訳スタッフとして働いていたときに、「これだけすばらしい翻訳をやる方なら、通訳だってお手のものでしょう。ぜひこの翻訳を担当された方に通訳もお願いしたい」などとおだてられ、かり出されたというだけの話であり、通訳の訓練を受けたことなど一回もなかったのです。

会議通訳の報酬は半日拘束で5万円くらいだったと思います。といってもそのお金は会社に入るのであって、会社員にすぎない私は毎月の給料はもらえても、会議通訳をやったからといって給料に上乗せがあるわけではありません。

4回だけやりましたが、毎回不完全燃焼。しかもそのうち1回は後日クライアントから会社に「通訳を代えてほしい」というクレームまで入ったみたいです。トホホ。きっとその他の3回もクライアントは内心、私の通訳ぶりにがっかりしていたでしょう。

それなら最初から「通訳なんて絶対にイヤだ」と断ればよかったじゃないかという人もいるでしょうが、なにせ私は毎月給料をもらっている会社員という身分。社長の命令に背くことなんてできるはずもありません。社長は社長で翻訳をやらせておくより会議通訳をやらせたほうが会社としては儲かるわけですから会議通訳をやらせたがります(その結果、クレームが入って会社の評判を落とすことになりましたけどね)。

私にはそういう苦い経緯がありましたがから、フリーになってからというもの会議通訳は引き受けないことにしたのです。もちろんAさんにきっぱりと断りました。「会議通訳はもうやっていないですし、今後もやろうとも思っていませんし」と。

ところがAさんは、懇願すれば引き受けてくれるかもしれないと思ったのでしょう。会議通訳の専門分野の、自分が主催しているセミナーに勉強をしにこないかと誘ってきたのです。

会議通訳をする場合、専門知識が必要になります。私が会社員だったころに会議通訳にかり出されたのも、その専門分野の翻訳を私が担当していたからであり、理由がないのにかり出されたというわけではないのです。

私はAさんの専門分野については全くの素人。そこでAさんは自分が開いているセミナーを無料で参加させてやるから、そこで勉強して会議通訳として働いてくれないかというわけです。Aさんはこう言いました。

「このセミナー、ホントだったら1回8000円貰っているのよね。そこを無料にしてあげるわ。どう? 参加しない? 仮に会議通訳しなくたっていいじゃない。無料で勉強できるんだし。勉強しておけば為になるわよ。この分野の知識、絶対あったほうがいいわよ。こういう機会、めったにないわよ」

「すみませんが、私、今、ほかのことで忙しいので結構です」

「あら、そう? せっかく無料にしてあげるっていうのに」

「いえ、結構です」

それで2時間ていどのクソ面白くない食事会は終わりました。

あれだけハッキリ断っていたのだからもうAさんから連絡はこないだろうと思っていたのですが、後日、Aさんから「よかったらセミナーにご参加ください」というセミナーのご案内のメールが送られてきました。

単なる「一斉送信」のご案内メールにすぎないと思っていたので、返事をしないままでいると、後日、「セミナーの参加者が少なくて大変困っています。無料ですので、ぜひご参加になりませんか」という泣き寝入りのメールがきました。

そのメールも私個人にあてたメールというよりは、少なくとも複数の知人・友人に「一斉送信」したような内容のメールだったので、そのまま放置していると、驚くことにセミナーの数日前に携帯に電話がかかってきてこういうではありませんか。

「セミナー開催のメールを送ったのですが、届きましたか?」

「ええ」

「セミナーが終わった後に情報交換もしたいのでセミナーにお越しになりませんか? せっかくの機会なので、こういうときにこそ情報交換でもしませんか?」

「いえ、すみません、忙しいので」

それでAさんもやっと諦めてくれました。

(会って話しているときに「会議通訳はもうやりません」とハッキリ断っているし、セミナーにも参加しないと明言しているし。しかも二度のメールでの誘いも完全無視しているのに、なんでまた執拗に電話で誘ってくるの? 無料にしてあげる無料にしてあげるって何度も何度も「無料」を全面に押し出してくるけど、こっちはセミナー会場まで行くだけでも時間も交通費もかかるし、1回4時間も興味のない話聞かされるのってしんどいよ。しかも1回だけのセミナーじゃなくて5回も6回もあるんだろ? そんなの行くわけないじゃん)

私はめったなことでは「着信拒否」にはしません。実際、この「無料にしてあげるわよ無料にしてあげるわよセミナー強引勧誘事件」があった後でも私はAさんを「着信拒否」にはしていませんでした。ちょっと強引なところがあるなぁとは思いましたが、私の価値観が唯一正しいというわけでもないですし。

でも、今回「勝手に忘年会開催決定、希望日を決めろ、まだ希望日は決まらないのか早く決めろ事件」があったので、Aさんを「着信拒否」にしておきました。携帯からだけでなく固定電話からももかかってこれないようにね。ニャハハハ。

もう、勝手にセミナーしとけよ!

PAGETOP
Copyright © 知は力:名言 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.