理性を磨く手段としての外国語学習、学問、資格、勉強の楽しみを語る

トラブルを未然に防ぐには

仕事の条件が曖昧だとトラブルに発展することがある。

例えば、編集者と新しい本の企画の話をしていて、こう言われることがある。

「いいですね。これで進めたいと思います」

こう言われると、本を出したいと思っている作家・翻訳家は嬉しいに決まっている。

しかし、特に新人の作家・翻訳家に注意しておきたいのだが、これで安心してはいけない。

kanngaekomuとういのも、「進める」という意味が曖昧だからだ。こういう場合の「進める」は、大きく分ければ次の2つの意味に解釈できる。

1、本の企画が通ったので、本を出版することを前提で進めましょう。仕事を正式にお願いします。

2、本を出版することまではまだ決まっていないけれど、本として出版できるかどうかが判断できるよう、進められるところまで進めてみましょう。もしも出版できなくなったら、悪いけど、それまでの努力は水の泡になります。

1と2では大違いであることはだれもが分かることだろう。だからこそ、「進める」というのはどういう意味なのかを確認しておくべきなのだ。

作家・翻訳家の立場から言えば、1であることを期待しがちだ。実際、1の意味であることも多いし、そのまま何の問題もなく本の出版に至ることも多い。

しかし、いざ、出版中止ということになった場合、出版社は次のようにいって作家・翻訳家を黙らせるのが常套手段である。

「たしかに本を出版しようとして進めてはいました。でも、本を出版するとは言っていないでしょ。あくまで進めていただけで、本として出版できそうにないから中止しただけのことです。あなたが勝手に出版契約が成立したと誤解していただけで、こちらとしては仕事を依頼したわけでもないのですから、本の出版が中止になったことに関して責任はありません」

私の経験からいっても、ほぼ100%の確率で出版社はそういって作家・翻訳家を黙らせる。作家・翻訳家がたとえ数百時間という時間を費やしていても、おかまいなしである。

編集者の立場からすれば、作家・翻訳家がどのような原稿をあげてくるか分からないため、「出版が決まった」とハッキリ言いづらいところもあるのだろう。

しかし、だからといって曖昧なまま進めるのは作家・翻訳家の立場からだけでなく、出版社にとっても良くないことである。もし、どのような原稿をあげてくるか心配ならば、「まだ出版が決定したわけではないけれど、いい原稿があがってきたら出版するということで了解していただけるなら、それで進めたい」といってから進めることだってできよう。それをしないがためにトラブルに発展し、作家・翻訳家との縁が切れてしまったら、それはそれで出版社にとっても不利益だろう。

どんな仕事であれ、仕事を始める前に仕事の条件を明確にしておくことである。それがトラブルを未然に防ぐ一つの手である。どうにでも解釈できるような曖昧な言葉を使われたら、その意図するところは何なのかをお互い明確にすべきである。

PAGETOP
Copyright © 知は力:名言 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.