理性を磨く手段としての外国語学習、学問、資格、勉強の楽しみを語る

株について(邱永漢)

たまに、株で大儲けしたという人がテレビに登場する。kabu

ジェイコム株の誤発注事件では、「61万円1株売り」とすべき注文を担当者が誤って「1円61万株売り」と入力してしまったがために、みずほ証券は莫大な損失を被ることとなった。

その誤発注で巨額の利益を得た個人トレーダーが何人かいる。彼らは、テレビで何億儲けたという話をしていた。

そんなお金を手にしてみたいなと思う反面、それで人生、幸せになれるのかなとも思ってしまう。

私には、むしろ不幸になる可能性が高いような気がするのだ。

私は言いたい。株で儲けてやろうと思っている人は、株など止めておきなさいと。そんなことをしても、幸せにはなれないよ。

どうしてそう思うかお話ししよう。

株で儲けてやろうという人は、楽をして金を稼ぎたいと思っているからだろう。

そんな魂胆で株をやっていても、はずれるのがオチだし、仮に運よく大儲けしたとて、人間として成長したということにはならないわけだ。よって、どちらにしても幸せにはなれない。だから、そんなものに手を出すなと言いたいのだ。

人間が幸せになれるか否かは、善い人間になれるか否かにかかっている。

同じ株をやるのでも、株で儲けてやろうという利己的な動機だけではなく、自分が投資するお金で投資する企業が発展してほしいという利他的な動機が何割かでも含まれていれば話は別だ。そういう人であれば、株をやる資格はある。

だが、そのような利他的な動機がなく、ただ単に利己的な動機で株で儲けてやろうと思うのなら、株などやるな。

私は思うのだが、本当に善い人間であれば、誤発注で儲けたと分かった時点で、その利益を企業に返還すると思う。もしも私が誤発注で何億も手にしたら、嬉しく思うどころか、そのまま手元にもっておくことに罪悪感すら抱くと思う。そして、すぐに企業に返還するのではないかと思う。誤発注で手に入れた大金で贅沢ができたとしても、嬉しいとは思えないからだ。

だけど、おそらく、誤発注で巨額の富を得た個人トレーダーの多くは、その利益を企業に返還などしていないのではないか。

ここで「株の神様」と称された邱永漢氏の言葉をご紹介しよう。

「株はそれだけでメシの食える職業にはならないと私は思っています。株をやって億万長者になった人を株多く見てきましたし、現に私の周囲にもそういう人がおります。でも長続きするものとは見ていません。人生のある時期にそういう幸運にめぐりあわせた人でも、しばらくするとその人の才能も理論も神通力も時代と歯車がうまく噛み合わない時がきます。(中略)。株のプロにならないように、いつも初心でおられるようにと人にもすすめておりますが、自分に対しても同じように戒めています。株式投資にプロなんていないし、プロになることを志すべきでもないんです」(『損をして覚える株式投資 (PHP新書)

「株をやる人はふえる一方ですが、実際に株をやって財産をふやす人よりも損をする人の方がずっと多いのです」(同上)

私が言っているのではない。「株の神様」である邱永漢氏が言っているのだ。株のプロになろうと思ってはいけない。もし株をやるのなら、儲けてやろうという魂胆ではなく、出資する企業を応援しようという気持ちでやるべきだ。

PAGETOP
Copyright © 知は力:名言 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.