理性を磨く手段としての外国語学習、学問、資格、勉強の楽しみを語る

HSK2級初挑戦

2016年9月11日(日)、HSK2級を初受験してきました。

会場は東京・渋谷の国学院大学。渋谷駅からけっこう歩くので、早めに出かけて正解でした。

遅刻をしたら受験できないこと、仮に遅延証明書があったとしても受験できないことが注意事項として挙げられていたので、万が一、電車が遅れても受験できるように、相当早く渋谷に行きました。電車の遅延で受験できなくなったら馬鹿らしいですからね。

思うに、試験を受けるときは、できるだけ早めに最寄り駅まで行って、喫茶店などで時間をつぶすのがいいですね。私も渋谷の駅近くの喫茶店で珈琲を飲みながら30分ほど単語カードで復習しました。珈琲を飲んだおかげで頭もすっきりしました。

天気予報では雨でしたので大雨の場合はタクシー乗車も考えていましたが、幸い、傘を使うまでもないほどでしたので歩いて国学院大学まで行きました。

教室には集合時間の40分前に着きましたが、そのころにはすでに大勢の受験生がいました。「遅刻したら受験できない」と厳しい注意事項があったため、皆、早く来たのでしょうね。

ただ、あまり早く行っても、教室には入れてもらえず、立ったまま待たなければなりませんので、やはり近くの喫茶店で時間をつぶすのがいいかもしれません。

私の教室を見渡す限り、中年男性が多いようでした。若い女性は少なかった。

ところで1級から6級の受験生数ですが、国学院大学の場合、1級~2級はそれぞれ100人台と少なく、3級~5級がそれぞれ約300人と多く、6級は約200人のようでした。

私は中国人の友人もいませんし、完全に独学で2か月半の勉強でしたが、正直、日本人なら1級を飛ばして2級から受けてもいいのかなという気がしました。

さて、試験のできですが、リスニングは半分くらいのできだと思います。すべてマークシートなので、でたらめを塗っても3割ていどは取れることになっています。なので半分というのは半分理解できたというわけではありません。

読解のほうは9割以上はできたと思います。もしかすると100点満点もありうると思っています。100点であることを願っていますが、結果がでるまでは分かりません。

2級の場合、リスニング100点、読解100点、合計200点満点で120点が取れれば合格ですが、読解が90点以上取れていると思うので、合格できると思っています。

試験結果は1か月後にネット上で見ることができるそうです。

 

 

PAGETOP
Copyright © 知は力:名言 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.