2018年2月14日午後6時の段階では、まだ田村淳氏の青学合格のニュースは出ていない。

しかし、ネットでは、2月13日が合格発表の日という噂が出回っている。

もしそれが本当であり、かつ、合格していたのであれば、もうとっくに「青学合格」のニュースが出ていていいはずである。

しかし、それが14日の午後6時の段階でニュースになっていない。

ということは、不合格だったのか?

合格だったのなら、一早く、合格がニュースとして流れるはずである。

しかし、不合格なら、そのまま黙っておいて、次のabematvの番組まで持たせるはずだ。

ということは、不合格だったのか。

春日氏が東大を受験するためにセンター試験を受けたそうだが、英語はかなり苦戦したようである。日大卒の彼が4割程度しか取れなかったようである。

一方、淳の場合は、もともと英語ができないところからのスタートだったから、そんなに伸びているとは思えない。春日が4割なら、淳が4割取れているとも思えない。

それでは青学は無理だろう。

これはやはり不合格とみるべきか。

合格のニュースが出回るのが遅れれば遅れるほど、それは不合格になっている可能性が高いことが伺えるといえよう。